迎え酒にカクテル。レッドアイ?それともビールと卵派?どうしても飲みたい方は参考にして下さいね。

 

Menu []

 

迎え酒にカクテルってありですか?何かほしい時のおすすめ!

迎え酒にカクテルを飲みたい!飲んだら気分も良くなる気がする…?

 

迎え酒にカクテルはあり?

 

迎え酒にわざとカクテルを飲む人がいるらしい。

 

それは本当なのでしょうか?

 

イメージ的には、家にある焼酎や、日本酒、ビールのイメージがありますが、カクテル?

 

何かカクテルというとちょっとお洒落な感じがしするのは私だけでしょうか?

 

実際の所は…?

 

カクテルはカクテルでも、ノンアルコールのビールを使ってノンアルコールのカクテルにしている物でした。

 

ただ、見た目は、本当にカクテルです。

 

それを、お酒の変わりに飲んでます。

 

本当のアルコールだと、脳をマヒさせるだけで、二日酔いを先伸ばしにするだけと言われていますが、これならノンアルコールの水分。

 

しかも、このカクテル、レシピの簡単ですよ♪

 

トマトジュースとノンアルコールのビールを半分ずつ、氷の入ったグラスに入れるだけ。

 

後は好みで、塩、コショウ、レモン汁を入れるくらいです。

 

タバスコを入れてもいいですよね。

 

ただ、このカクテル、ノンアルコールなのであくまでも気分を…。

 

という方に限定されます。

 

 

迎え酒にレッドアイをとる人がいるってホント?そ!の真実!

迎え酒にレッドアイを飲んでる人がいる理由は?

 

迎え酒にレッドアイ

 

実は、このレッドアイ。

 

アルコールが入っていますが、トマトジュースでビールを割っているので、アルコール度数的には2%と低いものになります。

 

そもそもこのレッドアイは、二日酔いで赤くなった目の様子という意味が欧米ではあるようです。

 

しかも、レッドアイは、二日酔いの朝に飲む飲み物として知られています。

 

欧米はカクテルなんですね。

 

 

しかも、日本だけが二日酔いの時に飲む習慣があると思っていましたが違うんですね。

 

アルコールが入っているのは、おすすめは出来ませんが、レッドアイで使っているトマトジュースに意味があります。

 

 

このレッドアイに入れるトマトジュースの成分ですが、アルコールの摂取で増えてしまう有害成分(アセトアルデヒド)の働きを抑える作用があります。

 

昔は、今のようにノンアルコールのビールはないので、普通のビールで割って飲んでいたんですね。

 

どうしても飲みたい方は、アルコールが入っている以上おすすめは出来ませんが、日本酒等よりは、レッドアイの方が合理的です。

 

 

迎え酒にはビールとたまご?ホントのところ!

迎え酒にはビールに卵をのせる?

 

迎え酒にはビールと卵?

 

実は、レッドアイはビールとトマトジュースというのが定番ですが…。

 

実は、これに更にに生たまごを入れるものがあるんです!

 

たまご酒ではなく、たまご入りレッドアイ?

 

このビールとたまご、この2つだと決してあわないような気がします!

 

でも、これにトマトジュースが入ると一気にお洒落な感じ。

 

 

ビールはともかく、トマトジュースとたまごが入ると、立派な栄養食ですね。

 

このカクテルですが、あの有名なトム・クルーズが某映画のワンシーンで飲んでいたことでも有名です。

 

某映画の中では、トマトジュースとビール、そして生たまごを入れて一気飲み!

 

朝食変わりに飲んでいたんですね。

 

トム・クルーズファンじゃなくても、ちょっとやってたくなります。